本文へスキップ

元全日本けん玉道もしかめ選手権大会 2位(1999年) 3位(2001-2004年) 

社会人になってから仕事以外に何かをはじめる人のために

社会人になって、「けん玉をすること」が市民権を得られるまで


ここからは、社会人になってから仕事以外に何かをやる人のためのページです。仕事をしながら、趣味で大会に出続けるために必要なことは、

「練習を知らない間にやる。
    努力すること・していることを絶対に人に見せてはいけない」


ことであろう。

何より大事になっていくのが、まず、
「けん玉以前に仕事があり、その時間にとられてしまう」ことである。
だから、何をするにしても、「無駄な時間をすごさない」ことが非常に大切になってきます。

社会人になって何かを続けることは、ことすると社会の軋轢に巻き込まれる要因にもなります。ぼくも大会に行くとそういう話をよく聞きます。特に「けん玉」の場合は、「遊んでいる」とか「大道芸」みたいなところがあり、偏見的に見られることがよくあります。普段、生活しているときは、いかにして「練習している」ところをみせないか、というところが本当に大事になってくると思います。ある意味、本当は学生時代から意識して、時間の使い方とか、自分が働き出したときに対応できる練習方法とかを学生時代から考えておくことが一番重要だと思います。

自分自身、大学2年生のときに、現・日本けん玉協会副会長の矢野博幸八段にはじめてお会いしたときに、
「社会人になったら時間なくなるでー・・・」という言葉が今でも心の中に響いています。
 その現実に対して、僕自身が大学に入るまで文武別道の世界にいた人間でもありましたので、せめて社会人になったらそういうことはないように心がけながら大学生活を十分計算しながらどうやればそれが可能か・・・・そのことを日々模索しながらの生活でした。
 
今では、とにかく練習時間はなくなることは覚悟していたので(職業柄)、意外に早く対応できたような気がします。
多分、大事なのが働き出して1年目だと思います。
仕事に追われ、本当に練習できなくなり、一気に体が衰えた気になるからです。
そのときに、その現実に対して、負けないような何かが自分の中にあるかが大事だと思います。

仕事を習得すれば、ある程度、余裕も出てきます。新しいことにも挑戦する時間もできます。
そうなれば、「けん玉」をしていることが、「他の人と違う生き方ができる」というものを得るはずです。
「仕事以外に、こういう一面があるんだ!!」という新しい発見を見つけられ、それが、他人に評価された時、それは、
「市民権を得た」ときです。そのときは、きっと、「仕事ができる人」となっていることでしょう。
そうなれば、あとは、「けん玉が生きがい」となることでしょう。

「物事を時間で測らない」

 「どこかで時間を作る」努力・・・・現代日本の仕事の中で非常に重要なことを現代日本の仕事は忘れようとしていることに対し、非常に危惧する状況だと思います・・・・仕事をしながらこういうことを続けていく上では重要になってくると思う。それは、仕事をしているときでも同じことがいえると思われます。
 いかにして自分の時間を作り出すか、それをしなかったら自分の発展も世の中の発展もないと思われる。その自分の時間を作り出すことによって「ゆとり」が生まれ、新しい「vitality」が生まれ、そして、「やる気」が倍増されていくと思われる。

 物事を時間で測ることをやめない限り、たまるのはストレス。物事を時間で測ろうとして結局気がついたときには何も進んでいなかった、ということにはなっていないでしょうか?

「もしかめ」をやっていて、時間がたつのが長く感じることがあったり、短く感じることもある。また、年によっては、きっちり同じ時間しかたっていないこともある。1時間たったときと、3時間たったときではまた心理状況も変わる。それは、毎年違うものである。そのことに価値があり、同じ「もしかめ」をやっていながら、毎年毎年同じ時間がたっても気持ちは違うのである。

「病院薬剤師」と「けん玉」

自分の持つ「けん玉の技術」を社会に活かすために

大学に入学した頃は、水泳のサークルに入っていて、「けん玉」のことなんて、頭には全くなかった。
しかし、1995年に1月に「阪神大震災」が発生し、サークルが潰れた。
そして、別のサークルを探していたが、たまたま家にあったけん玉を触り、「回転うぐいすの谷渡り」ができた。
これが、また、「けん玉をしたい!!」渇望にさらされることとなる。
それは、中学生の時に抱いた目標
「大学に行ったら、けん玉サークルに入り、社会人になっても、けん玉を続ける!!!」
まさにそれが達成された瞬間だった。ある程度の技ができるようになり、ふと考えた。
「このけん玉の技術を、社会に活かす方法はないのか??」
考えて、考え抜いた結果、以下のたどり着いた。
1995年当時、「病院薬剤師の世界」は、従来の「調剤室」等、薬剤部に籠る職業から、院外処方への転換期であること
を大学2年のときに知った。

上記変化から病院薬剤師の未来を自分なりに考えた。
薬剤師は、いずれ、患者に接する職業に変わる!!と。
入院患者さんの内服薬の管理を支援する仕事が新たに加わると。
なぜ、その結論に達したかというと、バブル経済が崩壊し、これからの日本は、それほど景気のいい時代は来ない、と踏んだ。いずれは、超高齢化社会を迎え、「薬のことがまったくわからない」という高齢者が増えることが目に見えていた。さらにがんになっても、医師は治療で忙しすぎて、患者に向き合う時間は少ない。それに比べれば、薬剤師の方が、まだ時間はある、とみた。そのわずかな時間に、患者とだけ、こっそり誰にもわからないように「けん玉」をすること。
そういうことを考えて、「病院薬剤師」もアリかな??という結論に達し、「病院薬剤師」という職業を選んだ。

自分のけん玉の技術をどのようにして社会の中で使うかを常に追い求めている。自分のけん玉の技術が社会に生かされなければ、それは、自分のけん玉の技術を腐らせることになる。それではもったいない。その技術の使い方の1つの事例を作るために。

薬剤師として、けん玉人として

人間誰しもが通らなければいけないこと。それは「終焉」である。
人生の終焉までに、自分の技術をみていただき、「あー、生きててよかった」と言って人生の終焉を迎えてもらえること、さらには、「またがんばって前へ進もう」と思ってくれればそれでいい。それだけでいい。

「あの先生に出会ってから人生の終焉を迎えたい」と全国からくるようになること、これが究極の目標です。
病気は、治せるものが8割か?しかし、治せないものもある。病院とは病気を治すところである。
しかし、治せずにいずれは人生の終焉を見守らざるを得ないこともある。
人間とはいろいろな人生の終焉を迎え方がある。いきなりICUで救命できずに人生の終焉を迎えることもある。
また、みんなに看取ってもらいながら人生の終焉を迎えることもある。
さらには、あるときパッと終焉をむかえることもある。
また、不慮や無念の中で人生の終焉を迎えないといけないこともある。
それぞれの運命ではあるが、仕方ないで終われない部分もある。
自分の立場ではどうしようもないこともあります。
そんな中でも、自分ができることを少しでもやり、社会に貢献できればそれだけでいいです。

「プレゼン技術」としての「けん玉」

自分は「全日本けん玉道選手権大会」の予選通過は1回しか果たしていない。
日本けん玉協会杯の決勝進出も2回だけの、ごく平凡なけん玉人生である。
ただ、全日本けん玉道もしかめ選手権大会だけは、幸いにも、全国2位を1回、全国3位に4回達成することができた。
また、第1回の全日本フリースタイルけん玉選手権で種目提示最優秀賞「月面着陸とんぼ返り」を頂いた。
この大会も20年続いているが、第1回、ということもあり、最も印象の残る記録として残り続けるだろう。

そんなこともあり、新聞やテレビに紹介されるのをきっかけに、イベントや懇親会の場、小学校の授業、災害現場の避難所等、幅広く「けん玉」をする機会をたくさん頂きました。

舞台構成に気にするようになったのが、新潟にある大道芸サークルに所属するようになってからです。
人へのひきつけ方、見せ方等、ここから得た経験をもとに、今の自分のステージがあります。
そこから生まれたのが「巨大けん玉による宇宙遊泳」です。
普通の18cmの競技用けん玉サイズでは、どんだけ凄い技をやっても、心に残らないと感じた自分。
「絶対に忘れない、インパクトを与える方法はないか??」と考えてたどり着いた結果、
「巨大けん玉で宇宙遊泳をやる!!」という結論に達した。
結局、それを10年もやり続けていて、もはや、私の代名詞を築くことに成功しました。

でも、けん玉を人に見せるたびに
「まだ工夫で来たんじゃないか??」と、いつも思います。
きっと、「けん玉道に終わりはない」のでしょう。


バナースペース

 


平成8年度 第1回全日本フリースタイル
けん玉選手権大会 種目提示最優秀賞