本文へスキップ

元全日本けん玉道もしかめ選手権大会 2位(1999年) 3位(2001-2004年) 

もしかめの世界全日本けん玉道もしかめ選手権22年の戦い

もしかめは「大皿と中皿を続ける」連続技

童謡「うさぎとかめ」

もしかめは、けん玉級位認定試験にて10回中1回成功すれば十級を頂ける「大皿」と、けん玉級位認定試験にて10回中1回成功すれば八級が認定される「中皿」を繰り返す「連続技」である。
この歌をご存知でしょうか?明治34年に発表されたらしく(けん玉通信No.147による)、昔の人はたいていは知っているらしいですが、現代では小学校の先生ですら4番まで完全に歌い切るのは至難となってしまいました。

 まず、童謡「うさぎとかめ」の1番から4番までを紹介します。

1.もしもしかめよ かめさんよ     3.どんなにかめが いそいでも
  せかいのうちで おまえほど       どうせばんまで かかるだろう 
  あゆみののろい ものはない       ここらでちょっと ひとねむり
  どうしてそんなに のろいのか      グーグーグーグー グーグーグー

2.なんとおっしゃる うさぎさん    4.これはねすぎた しくじった
  そんならおまえと かけくらべ      ぴょんぴょんぴょんぴょん・・・・
  むこうのやまの ふもとまで       あんまりおそい うさぎさん
  どちらがさきに かけつくか       さっきのじまんは どうしたの

これを、1曲歌いきって、なおもしかめが続いていたら、昔は名人といわれていました。
現代のけん玉教室では、まず、童謡「うさぎとかめ」に併せて、もしかめを練習してるところは、ほとんどないと言って過言はないであろう。そんな練習法は、ほぼ、絶滅危惧種となっている。


全国もしかめ大会

「はじめに」

昭和53年にはじめて全国規模でのもしかめ大会が開催され、そのときの優勝者があの伝説の宇宙遊泳を作った田中秀英氏(現在アートヨシイ勤務→エイチアルファか?・・・)でその時の記録は33分40秒であった。これが、「競技けん玉、もしかめ」の源流である。
 全国もしかめ大会(現全日本けん玉道もしかめ選手権大会)は2016年で36回目を迎え、その歴史はあの全日本けん玉道選手権大会よりも前に開催されている歴史的な大会である。

私は、1995年から22年間、この大会に1回たりとて休むことなく出場している。
現代もしかめ界の中では、最年長の部類に入ってきた。
22年間1回も休むことなく参加しているのは、もはや誰もいなくなってしまった。

「1980年代の全国もしかめ大会」

80年代は荒井安太郎・鈴木一郎・山木弘行と3人しかチャンピオンが出ていない。
荒井氏は1980・1981年に優勝、鈴木一郎氏が4時間2秒の世界記録達成したのは1982年.
そこから4年連続2時間以上は当時としては偉大すぎる記録である。
この記録は2003年まで破られることはなかった。毎年あたりまえのように2時間を越えてくることは、当時としては、あまりにも偉大なことである。しかも3年目は5時間3分というこれまたとてつもない記録を達成されている。
この記録は16年間破られることはなかった。
1987 年には、また型破りのもしかめ王者が誕生。それは、なんと2年連続3冠王というとてつもない記録を打ち立てた山木弘行氏である。このときの記録が2時間42分37秒と2 時間41分33秒である。
しかし、鈴木一郎氏の5時間3分の世界記録があまりにもはてしない記録であった。
鈴木一郎氏の優勝、この5時間3分という桁外れの記録に挑むものは誰一人として現れなかった。
80年代当時はまだ2時間以上の記録保持者はたくさんいたが、2時間-3時間の壁がとてつもなく厚くなかなか破られなかった。あの全日本チャンピオン・JKA杯5連覇の山木氏をもってしても、90年代の後半にこんなことをもらしてた。
 「2時間を越えると幻覚が現れる・・・・」
この一言が、当時2時間から3時間の壁の厚さを物語っている。

そういう自分にとっては素朴な時代に関東では鈴木一郎氏が85年に3時間6分12秒で優勝して以来、93年の伊藤佑介氏が3時間40分44秒で優勝するまで、実に8年間3時間オーバーが出なかったのであります。

 その間の優勝記録      優勝         記録
 1986年 (昭和61年)   開催なし
 1987年 (昭和62年) 山木 弘行(東京) 2時間42分37秒 (三冠王)
 1988年 (昭和63年) 山木 弘行(東京) 2時間41分33秒(2年連続三冠王)
 1989年 (平成元年)   開催なし
 1990年 (平成2年)    開催なし
 1991年 (平成3年)  田中 秀樹(千葉)2時間28分04秒
 1992年 (平成4年)  伊藤 佑介(東京)2時間12分02秒

 それから、この5時間3分に挑むのはこの「伊藤佑介」だけが挑むもしかめ大会になった。
 当時、僕は、まだ、90年代半ばまで、けん玉界には存在しなかった。

「私の初出場は1988年」

 私自身、競技用けん玉との出会いは、昭和58に出たマクドナルドけん玉(マックボール)といわれるもののような気がします。これをきっかけにして、競技用けん玉の存在を知りました。おもちゃ屋さんにいったらたまたま競技用けん玉「さくら」が置いてあったことを今でも覚えています。このころは、まだ「うさぎとかめ」の歌にあわせて4番まで一回行っただけで自己満足していたことを非常によく覚えています。こんな感じで、ただただ楽しんでいた、という感じで、今の小学生のように文部科学大臣杯のような全国大会もなかったので、のんきにけん玉をしていたというのが現状でした。

 実は1988年に1年だけ日本けん玉協会に所属していて、その年に全国もしかめ大会に出場ている。
 会場は、高島屋の屋上だった。そこには、初代日本けん玉協会会長・藤原一生氏も来られていた。
自己記録が1000回程度の自分が大会に臨んだ。
周りには、自己記録1時間越えの小学生もいて、「すごいな!!」としか思わなく、自分は、灯台すらできないレベルだったので、「自分には到底、及ばないレベルだな」と思いながら、大会をスタートしたことを覚えている。
それでも、1000回を越えてしまい、気が付けば、自己ベストの上に、私ともう一人、浅井徹さんしか残っていなかった。
記録は22分6秒で関西地区2位であった。
この年は、しかも、当時・山木弘行氏が2時間41分分33秒で2年連続3冠に輝いた年でもあった。
私の印象は「この人・人間ちゃうわ」と思い、「こんなヒマ人、なんで落ちへんねんやろう」とか思っていた。
2位の景品がなんかすごかったことだけ覚えている。
ただ、印象に残るもしかめをこのときに見ました。それはこの年に関西で1位になった浅井徹氏のもしかめで、ひざを全く使わず、大皿と中皿の繰り返しが常に同じ場所を行ったりきたりしていて、さらに、中皿にのる時に、玉とけんの間がけっこうあるもしかめをみて、非常に驚いたことをおぼえています。
 さらに、このときに藤原一生日本けん玉協会会長(当時)のもしかめを長時間続ける方法のおはなしで
「ひざをつかわずにやる」というのが結構衝撃的でした。
これだけでも、結構ためになり、後のもしかめ人生に大きな影響を与えたが、これ以降、けん玉をすることはなかった。

前田隆宏六段

自分の「もしかめ」を書くうえで、影響を与えた人物に、「前田隆宏」六段が挙げられます。ちょうど、私が全国もしかめ大会に初めて出た時に、前田氏が、けん玉道六段になったばかりで、当時のけん玉道六段の技を、全て、ノーミスで決められた。
「これは、神だ!!!」
2009年、youtubeに投稿されたけん玉動画がある。

上記の動画は、海外から絶賛され、海外のけん玉ファンも
「失敗しない技術」に感動し、「これが、日本のけん玉」の象徴としての評価は高い。
また、「この人に会いたい!!」というのも、あるのだろう。
私も、例に漏れず、そのとき、前田さんがけん玉をやっていた姿を目に焼き付けながら、けん玉の練習を一人でしていました。
大学生の時に、また、けん玉を始めるときも、「あの技術」に近づけば、上手くなると思ってました。
また、「技が上手くなれば、もしかめも続く」ということも、前田さん、山木さんを通して感じ、現代の全日本選等を見ていると、共通している。

「1995年に全国もしかめ大会に帰ってくる」

youtubeを介して、海外でけん玉が流行りはじめたのが2000年代後半から2010年代前半。
現在では、「流行」から「定着」へと変わりつつある。
その影響もあって、日本国内でも、たくさんのけん玉チームができたり、解散したり、している。

 しかし、日本でのけん玉の愛好は、1980年代にも、1990年代にも、2000年代にも、日本けん玉協会会員が中心となって活発にされていた。

 日本国内でのけん玉がストリートを中心に流行しだすまだ20年も前の1995年11月に私は、7年ぶりに「全国もしかめ大会」からけん玉界に復帰しようと誓ったのが1995年。そこから自身の快進撃が始まった。

 この当時、自分に夢中になれるものがほしかった。勉強よりも。それがなぜか「けん玉もしかめ」だった。
 1988年(昭和63年)に1年だけ、日本けん玉協会の会員になっていた。
 ちなみに同期には、
●ひの社会教育センター 支部長の松永義希 現日本けん玉協会会長
●備前支部 西川政典 先生
もいらっしゃる。 
 自分がもらっていた小遣いを貯金して、日本けん玉協会の会員になった。
 日本けん玉協会の会員であった自分が、最も待ち遠しかったのが
 「けん玉通信」
 当時、近くに「けん玉教室」はなく、また、高校受験を目指す時期でもあったので、「けん玉教室」に通う暇さえなかった。それでも、「けん玉について最も知れる」最高の手段が「けん玉通信」
現在、日本けん玉協会の会員やライセンス保持者は、「けん玉通信」を軽視する傾向にあることを非常に感じる。
いいけん玉指導者になるいちばんの近道は
●一次資料である「けん玉通信」を熟読すること
●三次資料である「けん玉の書籍を読むこと」

上記2事項であることは、きっとどの世界も変わらない。

もちろん、1995年に日本けん玉協会に再入会した時も、上記に漏れず、「けん玉通信」を読んで、けん玉の勉強をしていた。そして、1995年10月に「全国もしかめ大会」に出場すべく、日本けん玉協会の本部に開催の問い合わせをしたところ、藤原敏子さんから
「関西やったら矢野さんにれんらくしたらいいやろ!!」
と言われたが・・・・「矢野さん?」その人誰?関西やったら前田隆宏6段が一番有名だけど・・・・・・・・・
 とにかく当時矢野さんが勤めていた大阪市立生江青少年会館に行った。そこにいたのが、なんと大阪大学に当時理学部在籍していた曽我明徳五段(当時)である。当時は学生チャンピオン2年連続というすさまじい腕を持っていた。今でもあの「かざぐるま」の技術はまさにけん玉技術の結晶みたいなものである。それぐらいすさまじいものであった。

1995年11月3日に「けん玉合宿」たるものに呼ばれていった。
行くと、なんや、恐いヤンキーのおっちゃんやヤクザみたいなのがけん玉やってるんや・・・・と思う世界に突入。それがなんとみんなちゃんとした公務員やから二度びっくり!!それがあの上田成人さんを筆頭とする両国5人衆(大阪市立両国青少年会館(現在は存在しない)に所属されていた、上田さん、武井さん、森川さん、村上さん、今井さん)であった。
合宿のメニューが
●関西けん玉道選手権大会 段の部 予選30点満点 10本
●関西けん玉道選手権大会 段の部 決勝トーナメント
●タイム競技30本
と、技の練習だけで3-4時間ぐらいやった気がする。その後は自主練習だが、深夜12時からもしかめの練習を始め、2時間43分をいきなりたたき出す。しかも自己ベストより1時間もオーバー!!このレベルアップは一気にいった。
 自分が初めて2時間台を経験して思ったこと。それは2時間たつと、疲れが一気にくる。こんなに疲れるものとは夢にも思っていなかった。2時間まで必死こいてやっていたら、これ以上の記録は望めない!!と思った。

その年のもしかめ大会は、1時間48分3秒でいきなり関西トップ。全国でも上位の記録だった。この年、あの伊藤佑介氏がなんと1分で落とした年でもあった。このときは、全国もしかめ大会に現在でも参戦していることになろうとは思わなかった。

ただ、一言だけ矢野さんから「社会人になったら練習時間、なくなるでー」これだけは、そのとおりである。それだけではない。その社会の軋轢の中で「けん玉の大会に出続ける」事自体が至難になってくる。

「世界記録挑戦」

その年の12月末に、西成ある年末のイベントでもしかめを依頼された。全国もしかめで関西1位になったことが評価されたことによるものだった。自分のけん玉イベントデビューでもあった。
そこで阪井さんに「ずっと、もしかめをやってほしい」とのことで、13時30分頃から、もしかめを始めた。
最初の1分で自分自身「今日はどこまでいくんだろう・・・・・・・・・・・・・」という感覚に襲われた。
どこまでもいってしまうのでは・・・・・その予感は的中した。
1時間・2時間・2時間〜3時間のあのつらい壁を一気に突き破った。3時間たったら爽快感まで出てきた。そして4時間10分43秒をマーク。これで一気にあの鈴木一郎の世界記録5時間3分が見えてきた。
 その日の打ち上げから、もう世界記録を意識し始めた。
 これが、のちのもしかめ人生に大きく影響し、今でも全日本けん玉道もしかめ選手権大会に出場している。
 次の年から、頭はもうあの5時間3分を越えることに頭が集中した。どうしたらあの4時間以上の壁を突破できるか?そればかり考えていたような気がする。

だが、「5時間3分の壁」は、想像以上に厚かった。
翌年(1996年)、全国もしかめ大会に挑むも、1時間19分40秒という、あまりにも平凡な記録に終わる。
さらに、大学4年の時(1997年)は28分12秒。さらに1998年も1時間15分49秒と。

1997年の第2回北摂けん玉道選手権大会で、5時間5分42秒を記録し、あの鈴木一郎さんの5時間3分を越える。
それでも、全国もしかめ大会では、記録がさっぱりだったので、相当の閉塞感を感じていた。
その頃に、松井慎也氏が3時間47分4秒をマーク、鈴木・伊藤氏以外で初めて3時間台を全国大会で記録する。
その頃の伊藤佑介氏は96年に4時間43分25秒・97年には4時間46分47秒ともうそこまで5時間3分が届いていたが、鈴木氏の記録には及ばなかった。
 
 98年には伊藤・広木氏も1時間15分前後と平凡に終わり、ますます5時間3分から遠ざかっていった。
その年の優勝記録が小林摩利氏の2 時間32分、成人部にいたっては村橋氏の1時間39分13秒が最高記録であった。
もう誰もあの5時間3分は更新できないのか、と思いはじめた1年でもあり、けん玉界もそういう雰囲気になっていた。

自分も、練習開始時、1000回練習すると、手に激痛が走り始めた。昔、鈴木一郎氏がもしかめ栄光の記録でもらしていたことが、今度は自分自身の身に襲い始めたのである。これはただごとではなかった。あまりのショックに「もう自己ベストは無理なのではないか」と思い始めた。
本当に暗黒の時代だった。

「時代の扉」をこじ開ける

1999年11月の頭に、その年の全国もしかめ大会の会場となった大阪府東大阪市立石切東小学校に夜、訪れた。
この夜景を見ながら、「今年は、この夜景を見に来るためにもしかめがんばろう」と誓う。
 
 そして、運命のもしかめ大会がやってきた。この大会で、自分がどれだけ衰えたかがわかる。また、これからもしかめ人としてどれだけやっていけるかもわかる。社会人になって初めての「全国もしかめ大会」出場で、引退するかしないかの一つの指標にもなる。自分の中では、まず「けん玉人以前に薬剤師」であることを忘れずに臨んだ。だから結果はいらない。どれだけやれるか?今の自分の体力が今後この業務にどれほど役に立つか?の指標にしよう!と思って臨んだ。

 そして、もしかめ大会が始まった。15分が経過しようとしていた。そのときである。一瞬、体がふらつきかけ、落としそうになる。だがここはもちこたえた。このときここからの快進撃は予想だにしなかった。
 気がつけば30分がたっていた。このころから、「今日はなんとなくいけるのとちゃうか」と思うようになったが、今の衰えた体でどこまでやれるかが不安であった。
 1時間が過ぎ、しばらくしているうちに、関西の1位になることがわかった。実はこの日は広島から広木君も来ていたが1時間ほどで落としたそうだった。ここから閉会式が始まり、大会の予定のプログラムも終わり、続々と参加者が帰っていく中もしかめを続けることとなった。
「最後まで見てくださる方が少ないんだなー・・・・そんなことなら、地方や東京でやったほうがマシやなー」とか思いながら、1時間30分・2 時間と過ぎ、もう16時になっていた。
 2時間になると、「もうやめたい・もうやめたい」という気持ちでいっぱいになる。「明日仕事やし、このあたりでやめて体力を温存しとかんとまーたあのへんなんにおこられる・・・・」とか思いながらでも、「いままでやった2時間の積み重ねをここでぶち壊すのか?しかも、いままでずっと僕のもしかめを見てきた人に対しては申し訳ない」という思いに負けて結局続ける。
 そうしていくうちに、3時間が過ぎる。そうすると、今度は「今まで、衰えていた」と思っていた自分の体が、衰えていなかったことに気づく。そうしているうちに、今度は、大会の看板が落ちそうになっているらしい。看板が降ってきたらどうしよう・・・とか思いながら、3時間30分が過ぎる。
 「さ、いよいよここから本当のもしかめがはじまるんだなー・・・・」と思った矢先、3時間30分7秒で落とす。このあと、「こんなもんなんだなー・・・」と思いながら、「また来年もがんばろう」と思った。
 それを聞いた石切東小学校の油本さんが「この年で、また新たにチャレンジする精神を、今の子供たちに伝えてあげたい」とおっしゃってくださいました。それが今日の関西もしかめ界のみならず、「みんな、もしかめに挑戦しよう!!」の基礎になっていっているのではないかと思う。
 また、「継続は力なり」ということを改めて自分自身に思い知らされた大会でもありました。記録もいいけれども、毎年この大会に出続けることのすばらしさも知った大会でもあった。

 この年になると、自分の中にどこかに「もうやめよう」と思う気持ちがある。「もう引退しよう、もう引退しよう」と思い続ける気持ちがいつの間にやら「またがんばろう」に変わる。それがまたけん玉を続ける原動力になる。なんでもいい。この変化を大切に!!

 この記録が全国にこだました瞬間、けん玉もしかめ界の「時代の扉」が開かれた。
「この3時間30分7秒を抜かない限り、この年の日本一がなくなる」こととなった。全国ではじまったのがまだ山形・北海道・関西の3会場だけなので、ここから伊藤佑介氏の東京が開きだす状況であった。
 それからということ、「もしかめ」に挑む選手が続出するきっかけとなった事件でもある。全国もしかめ大会も、高記録ラッシュとなった。2時間以上や3時間以上がたくさん出て、優勝は広木氏が4時間14分51秒の記録で優勝した。
過去全国もしかめ大会の歴史の中で、20年間、3時間以上の記録ではじめて優勝できなかった。これはある意味非常にショックだった。「3時間30分を叩き出しても優勝できないのか・・・・・・もう社会人には優勝するチャンスはないのか?」ついにけん玉もしかめハイパー化がはじまった。

さらに翌年、山木さんがテレビ番組「ズームイン朝」番組内で5時間5分越えを果たしことにより、2000年は、有力選手が東京に一堂に集結して、「全国もしかめ大会」が開催された。

11時のスタートのときは、さすがに1分で落とせないということもあり、少し緊張したが「とにかく徹底して我慢しよう」と思った。最初の1分を140回で入った。自分にとっては遅くはないが、これがあとで命取りになる。
吉政・板倉両氏が脱落し、少し楽になったので正面を向いてやっていきました。今考えると、ここで調子がいいからといって、その勢いでいったのが2時間45分の計測で引っかかった原因だと思います。

 2時間が過ぎ、少しずつ疲れが来て、いやな時間帯に差し掛かってきた印象を最初は持ちました。しかし、15分ごとの計測によって、およそ1分間のペースがわかるので、この15分インターバルを使えば、意外にこの時間帯も簡単に超えられるのを実感した。
この教訓が、後の挑戦会に生き、2時間〜3時間が非常に楽に思えるようになった。

 結局2時間45分で計測に引っかかって落とすことなく終わってしまいました。
 日常の業務の疲れがずしりと重くのしかかって・・・・・・・

そのあと、なんと延々とやり続け、
 広木 一洋氏  6時間24分50秒
 山木 弘行氏  7時間57分06秒
 伊藤 佑介氏  7時間26分33秒
の世界新記録を叩き出しました。この時点で、一般の人がこの7時間26分の記録を出すのは至難の業の世界に入ってしまいました。もう伊藤佑介氏の記録挑戦会となってしまうのか・・・

自分は「この3人に置いて行かれた喪失感」で、いっぱいとなった。


全日本けん玉道もしかめ選手権大会

2001年、「全国もしかめ大会」は「全日本けん玉道もしかめ選手権大会」に改称される

実は私、このいきさつをよくわかっていない。
ただ思うに、「全国もしかめ大会」の方が、素朴に、誰でも気軽に「全国大会」に挑めるので、
「名称は変えなくても?」なんて思いに駆られていた。
今では、ある程度競技について確立されつつある。

2001年は、大きな影響を与えた。「自分が大阪→新潟へ移り住んだ年」

2001年は自分にとって大きな環境の変化があった。
それは、この年に大阪の八尾市から新潟市へ住所が変わったことである。

一人暮らしになって、すべて自分でやるようになった。また違った角度からの挑戦が始まった。
炊事、洗濯、掃除、生活からすべて自分でやっていかなければいけなかった。
体調管理、食事面での栄養バランス、トレーニングのメニューはもともと自分で組んでいた。

私が、大阪から新潟に移り住んだ理由は
「けん玉を普及していない地域に住み、けん玉を普及させる」
2015年代から大阪の吉本興業さんが取り組んでいる
「地方住みます芸人」の走りみたいなことを2001年に始めた。

アメリカ大統領の政権が
民主党の時は、日本は「都会型」
共和党の時は、日本は「地方型」 を目指した地域づくりになる。

それは、アメリカ政党の地盤が
民主党:都市部
共和党:農村部
であることに近いような気がする。

このことは、新潟の社会、けん玉の世界にも大きな影響を与えた気がする。

けん玉界では、日本けん玉協会関西総支部が2002年に
「ワールドオープンけん玉大会」が始まった。
協賛金を集めて、大きな大会を開催する、日本のけん玉大会では初めての取り組みだった。
最初は、うまくいくかどうか、疑心暗鬼な意見もあったが、結局14年の長きにわたり続き、JKAワールドオープン大会へとさらなる発展を遂げた。

また、新潟では、新潟お笑い集団NAMARAが本格始動し、こわれものの祭典も設立され、新潟の文化に大きな変化をもたらした。また、全国高校野球選手権の成績も2000年までと2001年以降では、勝率が雲泥の差である。

「4年連続全国3位」と「8時間」

新潟に住んでも「全日本けん玉道もしかめ選手権大会で結果を出し続けること」が、新潟でのけん玉普及への近道と考えた。その理由は、新潟に移り住んだ時、藤原敏子さん(初代日本けん玉協会会長の奥さん)に電話をしたら、こんなことが返ってきた。

「新潟に来たら、生活の基盤を作ること。そうしていくうちに風が吹く」と。
確かにその通りだった。
2001年は、苦しみながらも3時間13分50秒、2002年も3時間50分13秒で全国3位だった。
それでも、自分の記録に満足がいかない。なぜなら、1997年の第2回北摂けん玉道選手権大会にて5時間5分42秒を記録していたからだ。「まだ自己ベスト、出せる!!」の気持ちが残っていたのだろう。

2001年は 優勝者 伊藤佑介氏 7時間35分55秒、2位 広木一洋氏 4時間7分41秒
2002年は 優勝者 広木一洋氏 7時間16秒   2位 窪田保氏  5時間6分55秒

である。今日では
伊藤佑介氏は、言わずと知れた、職業:けん玉師 として活躍され
広木一洋氏は、くれしんにて銀行員として勤務
窪田保氏は、GLOBAK KENDAMA NETWORKの代表として、世界を駆け巡る生活を送っている。

この人たちによって、2000年初頭のけん玉もしかめ界は大きくインパクトを与え、けん玉界の一時代に大きく関与できたことは、10年、20年経って、ようやく実感する。
また、現在でも、けん玉の普及に最も力を入れているメンバーでもある。
これは、ひとえに「もしかめの継続力」が与えた影響だろうと考えられる。

そして、2003年、けん玉もしかめ界に、新たな「時代の扉」がこじ開けられる。
それは、「初めて8時間完走」が窪田保氏によって達成された。
2位は伊藤佑介氏が7時間44分38秒、私も自己ベストの6時間8分49秒を達成し、全国3位となた。

この歴史的瞬間は、もしかめ大会の速報掲示板で伝えられ、ものすごい勢いと興奮のるつぼと化す。
この熱さが、現代のストリートけん玉ブームの源流となっているのかもしれない。

2004年10月23日 新潟県中越地方に巨大地震が襲う。
私も2度、現場を訪れた。上越新幹線は、分断されたままだった。
あれから2週間、東京・日野社会教育センターでの全日本けん玉道もしかめ選手権大会に出場し、4時間16分26秒で全国3位となる。

その時の優勝者は伊藤佑介氏で5時間56分44秒 2位は田村一樹氏で5時間4分26秒であった。
この頃になると、私の活躍が、新聞等でも紹介されるようになった。
毎年、もしかめ選手権大会1週間前になると、プレッシャーに押しつぶされるようになり、息もできなくなる。
「もうやめよう」と思うことも多い。
それでも大会が終われば、「またがんばろう!!」に変わる。

そのエネルギーが、「全日本けん玉道もしかめ選手権大会」に出続ける原動力となっていた。

2006年以降「8時間があたりまえ」の世界へ

2006年は、ワールドオープンけん玉大会にて、「ワールドもしかめ大会」が開催された。
モンゴルの選手に広木氏、私、フラービオさんの4人で挑む。
私は1時間15分で吸給水に大失敗し、落球。この時、フラービオさんが8時間を達成したが、日本けん玉協会は「準公認世界記録」として扱われ、公認世界記録にはならなかった。

この様子を見ていた重木洋六段が、もしかめ世界記録に挑むことなる。
そして、初めての8時間達成である。
それ以降、5年連続8時間を達成する。
その後は、8時間を記録する選手が続出。
今や、もしかめは「8時間を出すのが当たり前」という、飛躍的な競技力の向上を遂げる。

その背景には、長時間もしかめの練習方法が確立されたことが挙げられるだろう。
私が2001年-2004年と4年連続全国3位を達成した時、私の後に続くもしかめの選手が出てくることを祈念し、
掲示板「もしかめ大会への道」
http://8546.teacup.com/mahoto/bbs?
ブログ「もしかめ&月面着陸道」
http://blog.goo.ne.jp/mahoto_1974
を書いている。当時、上位の選手から「読んでますよ!!」との声を多くいただいた。
現在では、SNSの発展に伴い、けん玉に関する事項は、そちらへ移行しつつあるのが現実です。
新潟という地方都市に長年住み、そこで、けん玉の普及活動を10数年にわたり行いながら、他地区にも目を向けつつけん玉にいまも取り組んでいる。

私自身、それ以降のもしかめの成績は、2時間ー3時間程度の平凡な記録が多いが、それでもなお、今でも全日本けん玉道もしかめ選手権大会に出場している。

また、2011年からは、表彰が「年代別」となった。
さらに全国1位しか表彰されなかったが、2011年以降は、8時間達成者には楯を、上位3位は表彰されるようになり、
「日本けん玉協会」も、もしかめに対し、一定の理解を示すようになった。
このことと、世界的なけん玉ブームも重なり、「成人になってもけん玉を続けていく」地盤ができたと考えられる。

2015年には「11時間の記録が」

2015年には日本けん玉協会創立40周年を記念して、全日本けん玉道もしかめ選手権大会は8時間の制限を撤廃した大会を開催された。
8時間を井上安弘氏と西川一穂氏が突破。
けん玉もしかめの世界にまた新しい「時代の扉」がこじ開けられた。

私としては、
「この事実をもっと世界に知ってほしい」と思います。
けん玉を長年続けるには
「もしかめに長年取り組み続けること」が、けん玉ブームを消さない最短の近道であることは、各種けん玉大会に出場して思う。技だけしか取り組まなかった選手は、学校の節目で急速にけん玉から離れていき、戻って来なくなる。
ところが、「全日本けん玉道もしかめ選手権大会」に出場し続けている選手は、学校の節目を越えて、大会に参加してくる傾向にある。また、年齢、時代を越えてけん玉に取り組み続けることは、昔も今も変わらない。

現在では、「普通の人」になってしまった自分ではあるが、自分が培ってきた知識・ノウハウはきっと、次の世代の人が必要とされる日が来ることを信じてやまない。


バナースペース