本文へスキップ

元全日本けん玉道もしかめ選手権大会 2位(1999年) 3位(2001-2004年) 

月面着陸の世界The World of moon-landing

けん玉の技 月面着陸 の創始者 丸石照機(元日本けん玉協会会長)

月面着陸。この技の権威は誰が何を言おうともこの人、

丸石照機(元日本けん玉協会会長)

この人の右に立つものはいないであろう。
youtubeを介し、けん玉が海外で大流行し、日本国内でも「月面着陸」が普及した今でこそ、普遍の技であるが、
けん玉界において「月面着陸」という技は、既に、大正時代から存在していた。
昭和50年に日本けん玉協会が藤原一生氏によって創設され、その中で38歳にしてけん玉に取り組み始めた、丸石照機氏による「月面着陸のバリエーションの開発」こそが、日本が技術立国である証であり、また、けん玉技術者としてのパイオニアであるといって誰も否定はできないであろう。しかも、「月面着陸のバリエーションの開発が1980年代」であるが、あれから30年。30年経った今でも、この技に惹かれ、けん玉を始める日本のけん玉人もたくさんいらっしゃることを、けん玉人として喜ばしく思う。
まさに、この月面着陸の世界では「丸石といえば月面着陸・月面着陸といえば丸石」。つまり「月面着陸≒丸石」と謳われるぐらい、「誰もやらない技に挑戦する」探求心こそ、今もなお、色あせることはない。
 かつて、この丸石氏がこんな言葉を残している。

 1日10回の成功を自らに課す
            「月面着陸」の魅力に憑かれて


 「あなたは、なぜ急に月面着陸がうまくなったのか」と、名人と呼ばれる人たちから、よくこんな質問を受けることがある。
 そのたびに、「日ごろ使っているけん玉がたまたま月面着陸に適した安定性の高いものだったからですよ」(僕にもおんなじことを言っていた)と答えてきたが、本音を言えば、やはり技の上達のひけつは、熱心な練習以外の何のものでのない。
 ことばをかえて言えば、「月面着陸」には、私を夢中にさせる何かがあったといえる。
 どんな技でも、熱心に練習すれば一応の水準にまでは達することができるが、さらに水準を超えて、超一流になるためには、その技にほれこまなくてはならなと思う。
 いまになってふりかえってみると、「月面着陸」には次のような魅力があった。
 まず第一は、いかにも不安定に見える「月面着陸」だが、それでいて、見事にバランスがとれていること。
 次に、「月面着陸四方固め」にみられるように、他の四方固め(ふりけん・飛行機・灯台など)
と異なり、成功したときの形がすべて違っていること。
 そして、直接的には、「月面着陸」のバリエーションの技を得意技としている名人が、ほとんどいなかったことも、この技を私が選んだ大きな理由であったといえるかもしれない。
 「月面着陸」に挑むにあたって、私は「どんなウルトラCも、物理的に可能なものなら必ずできる 」という信念を持った。そして、一つのウルトラCをものにするために、1日10回の成功を連日自らに課し、計200回成功を一応の目標にして練習した。
                      小学館:ウルトラCにチャレンジ より
                      注)現在は絶版になっていて手に入れることはできない


「月面着陸とんぼ返り」 が普遍的にできるけん玉技術の開発

月面着陸には以下のようなバリエーションが存在するといわれています。
  月面着陸
  月面着陸四方固め
  前ふり大皿〜月面着陸
  うらふり月面着陸〜けん
  月面着陸とんぼ返り
  月面着陸1/2ひねり
  月面着陸一回転ひねり
  ハイパー世界一周
  月面着陸スーパーとんぼ返り
  つるし一回転月面着陸
 といったところも開発されている。

  つまり、丸石氏は上記のバリエーションを1日10回の成功に挑もうとしたわけである。月面着陸1回転ひねりとかいうとんでもなく難度の高いものも10回決めていたとすると、これはまさにとんでもないことである。もしそうなら、ひねりを10回中10回決まる技術が要求されることになる。この技術は、自分自身が経験した中では、最高度の技術といって過言はないであろう。
なぜなら、ひねる際のはねあげを一定にする技術が相当難しいからである。
 これらの技をずべて10回中10回決められるのは、現在でも日本けん玉協会会長丸石照機、ただ1人といって過言はないだろう。まさに、「月面着陸」の世界では神様、仏様、丸石様の世界なのである。
 しかし、これらの技が伝説として終わったには、理由がある。80年代前半まで現役プレーヤーとして君臨し、全日本選手権でも最高ベスト4まで進出しながら、80年代の後半には現役を引退たので、これらの技が、幻となり、唯一「ウルトラCにチャレンジ」という本に掲載されているだけで、実際に見れることは皆無になってしまった。
 それ以外にも、当時のけん玉「富士」は、月面着陸をやるにはバランス面で難があったといわれている(丸石氏もそのあたりは認めていたが、実際のところはさだかではない・・・・・)。
 そういうご時世にあって、僕は、この「月面着陸」という難度の高い技のバリエーションを何とかして自分のものにし、どのけん玉でも標準的にできる技術の開発に乗り出した。
 まず、この「月面着陸」という技はなんとなくできるようになっていたが、更なるバリエーションとしてあえて「月面着陸とんぼ返り」に挑んだ。
 当時、この技は、丸石現日本けん玉協会会長しかできないため、幻の技になっていて、その技の存在がわずかのマニア以外には全く知られないものとなっていた。
 それをもとに、平成7年の末、この技の開発に取りかかった。
 ポイントは、いかにして、玉の上に大皿がのっている時間を長くするかをポイントとして開発した。
 当時、関西けん玉界では、この技に関しては「不可能」の見解を示していた。
 だからこそ、この技が10回中10回できる技術が必要だと思っていた。
 そこで、開発した方法に
・はねあげ時に、大皿にのっかった角度を変えずにはねあげる感覚にするのに、まず、最初は後ろ足から前足に体重が変わったときにはねあげ、受けるときは逆に、前足から後ろ足 に体重移動することによって、大皿が斜めになる時間が増えると考えた。実際そうすると、1回や2回は偶然できるようになったそれから、これを必然化し、さらに前後のブレが、足のバ ランスがよくなるにつれてなくなり、精緻な月面着陸とんぼ返りが完成した。
 さて、これをどこで使うかを考えたのだが、平成8年に第1回全日本フリースタイル選手が、大阪の鶴見緑地で開かれた。そこの決勝トーナメントで準決勝・大井淳一五段と対戦し、0−2まで追い詰められた。そこで、「どうせ0−3負けるんだったらここで使ってやれー」という感覚でこの「月面着陸とんぼ返り」を提示した。
 誰もがまーた自滅を予想したに違いない。当の本人は、「どうせ決まらんかってもいいや。0−3で負けるのといっしょやから」という感覚でやった。そうすると、見事にバランスが取れ、なんとこの技を成功させてしまった。結局、2−2になり、タイム競技の末負けたが、この時点で「もう種目提示最優秀賞はきまったね」といわれた。
結局栄えある第1回の種目提示最優秀賞になってしまった。

Youtubeによる「月面着陸系」の投稿は、海外のけん玉流行に貢献したか??

私は、2006年10月にyoutubeのアカウントを取得した。
当時、youtubeは、英語対応しかなく、アカウント取得に、英語を必死に読んで、何とか得たのを懐かしく思う。

私が初めて月面着陸の動画をyoutubeにUPしたのが、2008年2月。この動画の投稿以降、海外で「月面着陸」の動画のUPがどんどんなされるようになり、私のページにも、問い合わせが結構来ました。
私は、90年代の競技用けん玉「富士」でずっと「月面着陸とんぼ返り」をやっていたため、何の違和感もなかったが、この当時はまが、日本けん玉協会公認けん玉であった「夢元」を使う日本のけん玉プレーヤーが多かった。それを模倣して、海外でも「夢元」にて、「月面着陸系」の動画が瞬く間にUPされたところから、海外でのけん玉の流行を見ました。
この時期は
●日本において、競技用けん玉「夢元」は製造中止になったこと
●世界を簡単につなぐSNS「Facebook」の台頭
により、日本と海外とのけん玉の距離が一気に縮まった。

このことは、2001年から始まった
「ワールドオープンけん玉大会」の参加者層の変化に、大きな影響を与えた。
2010年ごろまでは、海外選手は、モンゴル勢がメインだったが、2012年から、米国・欧州の選手も参加。
現在ではもはや、世界中、「けん玉をやっていない国」がむしろ少ないぐらいにまで海外に広まった。

また、海外でのけん玉の動画を見た日本人が、「けん玉」に夢中になって、現在、
「けん玉をするのはマイナー」から、「けん玉をするのが普通」の社会に変わりつつある。
私が学生時代、けん玉の選手として大会に出場していた頃は、完全に
「おたくの世界」であったが、youtubeの登場により
「カッコイイ人がやる」ものへと変貌を遂げた。

現代の海外へのけん玉普及においてもはや、私の役割は終わりつつあり、もはやその存在すら、誰も知る由もないところに達しつつある。それでもなお「時代の扉をこじ開ける」ことにには、大いに貢献したかもしれない。
また、大空プレミアムや、海外製の「月面着陸が非常に止まりやすい」けん玉が多々開発されたが、私は今もなお、「最も月面着陸が止まりにくい」と世界中から謳われて「TK16Maste」で「月面着陸とんぼ返り」を普通に行っています。

私の「月面着陸」のバリエーション技は、「技術の結晶」であること、また「練習の結晶」であることを、日本のみならず世界に伝え続ける。





バナースペース

 
平成8年度 第1回全日本フリースタイル
けん玉選手権大会 種目提示最優秀賞
受賞 月面着陸とんぼ返り
(2005年撮影)   月面着陸のやり方
月面着陸とんぼ返りのやり方


けん玉界最高難度の技のひとつ
「月面着陸一回転ひねり」


月面着陸半まわし

やまとL月面着陸とんぼ返り